コンビニにある特定のマルチメディア情報端末を経由して、消費者金融の返済手続きをする場合、レジにて偏差金を支払うこととなりますが、こちらの方法であれば、手数料は一切発生しません。この方法では、マルチメディア端末から打ち出された伝票をレジに持って行き、店員にチェックしてもらうこととなります。こちらは、公共料金の支払いをする時と同じ感覚で手続きを行なうことができるでしょう。また、バーコードが読み取られるので、返済手続きを行なうと、リアルタイムに口座へ反映されるというメリットもあります。

そのように、コンビニで返済の手続きをするにあたっては、ネット銀行への入金からインターネット返済、もしくはマルチメディア情報端末を使用しての返済によって、手数料を負担しなくて済みます。また、新たに借り入れをする場合にも、振り込み融資のサービスを利用すれば、手数料は一切かかりません。こうした方法を実践するためには、当然ながらそれなりのエネルギーや時間を負担しなければなりません。しかしながら、無駄遣いをなくすことによって、借りたお金の返済もスムーズに、スピーディーに行なうこともできるので、手間暇を惜しまずに実践してみることをおすすめします。